船橋市 矯正歯科 小児歯科 インプラント 予防歯科 東船橋 歯科医院 スマイル歯科 習志野市 市川市 矯正歯科 小児歯科 歯科医師 歯科衛生士 求人 募集
 
診察時間
平日:9:00〜12:30、14:30〜18:00
土曜:9:00〜12:30、14:30〜18:00 ※日曜日、祝日は休診
予約制

Q&A

小児の受け口について

五歳になった息子がいます。
三歳の歯科検診で受け口であることを指摘されこのままだと
アントニオイノキになるといわれました。
先日矯正歯科医に行きみてもらったところ
永久歯になってみないとわからないのでそのときにまたということになりました。
他の本などの説明ではチンキャップを使って治療というのを読んでいたのですが
そこの先生はそれは意味がないんです(受け口が治った後の戻りを防ぐぐらいのもので・。)
あごの成長と反対咬合は別物です。
とおっしゃっていました。
本当にそうなのですか?意味がないのでしょうか?
ちょっと不安になり他の病院にしてみようかと悩んでいます。
是非教えてください。

 

永久歯といっても何歳ぐらいのことをいっているのかわかりませんが、
すべて生えそろったらということでしょうか?
それとも生えてきたらということでしょうか?
通常6歳ごろになると永久歯が生えてきます。
生え揃うのは12歳ごろです。
反対咬合の場合、程度にもよりますが早期の改善を勧めている矯正歯科医院もありますので
5歳であれば何軒か相談してもらってもいいかと思われます。
ちなみに当医院では反対咬合の場合、前歯が生えてきた頃
(6歳頃)からの治療を行うようにしています。
上下のアゴの関係を整えるいわゆる「予防矯正」というのは
成長期(6歳〜12歳頃)にしか行えませんので、
それ以降で矯正治療をする場合、最悪手術による治療を
選択しなければいけないこともあります。
受け口は矯正治療の中でも成長との関連性が密接であるといわれていますので、
どちら(やるorやらない)を選択するにせよ早めに
相談していただいたほうが良いと考えられます。