ムシ⻭検査と
⻭ぐきの検査

ムシ歯検査と歯ぐきの検査

質の高い治療を行うために、正確な検査を行い、最良の方法をご提示します。

1日目
歯肉の診査
01
デジタルレントゲン撮影によるレントゲン診査

歯周病は歯肉の中の骨が炎症により無くなってしまうことが原因で起こります。そのためレントゲンによる検査を行い歯周病の状態を把握します。

02
歯周病基本診査(歯周病の状態を数値で表す)

歯周病の状態を知るために必要な、
歯周ポケットの深さ・出血・歯の動揺度などを検査します。

2日目
ムシ歯の診査
01
デジタルレントゲン撮影によるレントゲン診査

ムシ歯は表からはわからない場合も多いので、レントゲン写真による診査は必須です。当医院に設置しているデジタルレントゲン装置は、被曝量がほぼゼロなので安心して撮影を行えます。

02
口腔内カメラ(ペンスコープ)による肉眼的診査

診療台に口腔内カメラが設置されているので
治療を行う歯の今の状態がビジュアル的にわかります。

03
写真撮影と顎態模型(歯型)の採取

お口の中の状態を記録するために写真を撮っていきます。これを使って現在の状態をあらゆる方向から検査することができます。
必要に応じて、顎態模型(歯型)を採っていきます。かみ合わせの検査はもちろん、歯ブラシの届きづらい場所や、自分では見ることのできない部分の状態まで明確に観察できます。

04
歯周基本検査の再評価

クリーニング後、再度歯周ポケットの深さ、出血、歯の動揺度のチェックを行います。
この再評価により、今後の歯肉の治療方針が決まります。

3日目
カウンセリング
01
検査結果の詳しい説明と治療方針の掲示

検査結果を用いて、トリートメントコーディネーターから、あなただけの最適な治療方針を掲示させていただきます。治療期間や方法、治療費など、一緒に話し合いながら治療方針を決めていきます。その際、検査結果、治療計画書もお渡しします。また、これからのあなたの歯の健康についても、お話させていただきます。